ポリアクリル酸カリウム - 保水ゲルを使用する方法?

April 30, 2021

ポリアクリル酸カリウムとは何ですか?

この保水剤は、三次元ネットワーク構造を有する有機ポリマーポリアクリル系の一種である。

それは水を吸収し、水を貯え、水を解放し、そして周期を繰り返す独特の機能を有する。

望ましくない物質はなく、環境や植物に対して無毒で無害で、雨による損失がなく、長年の自然分解、アンモニウム窒素、水、少数のカリウムイオンに還元され、土壌を効果的に改善します。


注意 事項

1. 紫外線は保水剤にひび割れ効果があるため、保水剤に日光を当てないでください。 それは溝に広げられ、根の土と混合されなければならず(またはそれを適用する前に土を10〜30回混合し)、そして最後に土で覆われなければならない。

2. 保水剤は、尿素、農場の肥料、有機肥料、細菌肥料などのいくつかの肥料と直接混合することができます。水溶性肥料も水に溶解することができ、その後、溶液は、肥料の放出剤になる薬剤に吸収されます。

3. Na(ナトリウム)イオン、K(カリウム)イオン、C1(塩素)イオン、Ca(カルシウム)イオン、リン酸肥料は保水剤に拮抗作用を及ぼし、吸水倍率が急激に低下し、その効果を失うため、保水剤を一部の肥料と直接混合しないでください。

肥料を一緒に施用することが実際に必要な場合は、次の方法を使用できます:(1)千鳥放出:肥料と保水剤をずらして異なる溝に置きます。(2)層状放出:土壌の保水剤と肥料層5~10cmの間に層を広げる。
(1)ピットの底に保水剤を塗布し、ピット土壌とよく混ぜてから、土壌の層で覆い、次に化学肥料を塗布し、植え付け後に土壌を覆い、時間内に水をやります。
(2)まずピットの底に化学肥料を散布し、次に土の層で覆い、次に保水剤を塗布し、土とよく混ぜ、植え付け後の土を覆い、時間内に水をやります。

4. 石灰が土壌の酸性度を消毒し、改善するために使用される場合は、ピットの底に水分を加えた石灰を振りかけるし、土壌の層で覆う、保水剤を適用し、土壌と混合し、植え付け後に土壌をカバーし、時間内にそれを水にしてください。

5. すべての保水剤が農業生産に使用できるわけではありません。 農業および林業の生産において、衛生目的の超吸収性樹脂は禁じられています。 衛生的な吸水性樹脂は、何千回もの吸水量を吸収することができますが、分解が容易で、水解放能力の再利用が不十分です。

6. 保水剤は、光から遠ざけ、乾燥し、水分に注意を払う必要があります。 保水剤は、長い間光を見て、それは明らかにその寿命を短くします。 保水剤は空気中の水分を吸収することができ、一部の細菌はカビを作り、劣化させるので、保水剤はすべて密封されています。

7. 金属容器を使用して保水剤を保持しないようにしてください。

8. 保水剤がゲルに浸漬される場合、保水剤は水にゆっくりと注ぎ、水中の保水剤の凝集を避け、吸水速度に影響を与えるために連続的に攪拌する必要があります。


使用の原則

1. 保水剤は、水生成剤ではなく、水の存在下で水を吸収して、保水性と耐干ばつ耐性の効果を達成する必要があります。

2. 保水剤は、植物の根が分布している土壌層に塗布して、一部の植物の根を薬剤にさらすことができるようにする必要があります。

3. 保水剤は土壌と均等に混合する必要があります:水分保持剤は、土壌の透過性に影響を与え、腐った種子や根を引き起こす水の過剰な濃度を防ぐために、溝の地下土壌と均等に混合する必要があります。

保水剤と混合した土壌は、通気性と保水性能を向上させることができ、攪拌後の保水剤の分布範囲を拡大して、根系が成長して伸びた後に水を吸収できるようにします。

4. 植物の大きさに応じて保水剤を選択します。 小さな植物(大きな粒子)は大きな植物に使用する必要があり、大きなメッシュ(小さな粒子)は小さな植物のために使用されるべきです。 シードドレッシング、コーティング、浸漬根には80~100メッシュの保水剤を使用してください。

5. 投与量を決定する要因:

  • 植物タイプ:水分を好む植物タイプは、干ばつ耐性植物よりも大きい。
  • 気候条件: 干ばつ条件で使用される量は通常よりも大きい。
  • 土壌特性:砂質土壌は、ロームよりも多く使用され、ロームは粘土よりも多く使用されています。 干ばつ気候条件の場合、砂地に干ばつ耐性植物を使用することは、通常の2倍の量です。
  • 保水剤の量と方法は、これらの指示に基づいて実際の状況に応じて調整する必要があります。

2 つの使用方法

  1. 湿潤塗布方法:水分保持剤乾燥物をゲルに塗布し、それを適用し、土壌と混合し、上の土壌を植え、それを一度水にします。 この方法は、一般的に乾季やプロットで使用されます。
  2. 乾燥した塗布方法:保水剤の乾燥物を直接塗布し、土壌とよく混合し、カバー土壌を植えた後に時間内に水を注ぎます。 この方法は、一般的に雨季や雨季やプロットで使用されます。全体の使用効果において、湿潤塗布法を用いて保水剤を塗布する保水効果は、乾燥適用方法を用いたものよりも優れている。

効果

1. 灌漑コストを削減します。 保水剤は吸水機能が強く、吸水率が高く、効果的に貯水できる。 繰り返しサイクルした後、農林水保持剤の適用は、散水の数を70%以上削減し、灌漑コストを50%以上節約することができます。 年間の水を節約し、労働力を節約することができ、干ばつ時に干ばつ抵抗を大幅に削減することができます。

2. 保証された出力。 保水剤は、種子の発芽率と苗の生存率を最大98%増加させ、遅い苗の期間を短縮し、ストレス耐性を高め、土壌の一定湿度を維持し、継続的かつバランスのとれた水供給を行い、果実の設定速度を効果的に改善し、破裂果実の割れを減らし、果物の品質を向上させることができます。

3. 土壌を改善します。 保水剤は、繰り返し水を吸収し、水を放出することができます。 収縮及び膨張の過程において、土壌は、土壌の透過性を向上させるペレットの多孔質構造を形成し、植物の根や微生物の成長に有益であり、土壌の水分や肥料を保持する能力を高める土壌改善の役割を果たす。

4. 肥料を維持し、生産を増やします。 保水剤は、水と一緒に水溶性肥料に栄養素を吸収し、保存します。 保水剤が水を放出すると、作物利用のために徐々に放出され、肥料の損失を減らし、肥料の効率を延ばし、肥料の利用率を向上させます。

5. 安全と環境保護。 保水剤は環境にやさしい製品です。 製品は、権威ある機関による毒物学的同定を通じて関連する業界標準に準拠しています。 それは、放出水に望ましくない物質を持っていない、環境や植物に非毒性と無害であり、自然に分解することができ、アンモニウム窒素と水に還元されます。 そして、カリウムイオンの少数。 農林作物、造園、花、その他の分野で広く使用されています。


使用方法

多年生植物:果物、紅茶、森、バナナ、桑、サトウキビ、薬用材料、竹ノコツ

ヒドロゲルの根をきめ細かい保水剤と混合して浸し、植え穴に水を吸収した後に大粒状のゲル化剤を添加する。

浸漬根は、植え付け中に苗が脱水するのを防ぐことができ、基本的な適用のためのヒドロゲルは、苗根の重要な期間中に吸収するための最も近く、最も効果的な水源を提供し、苗の遅延期間を短縮する。

A . 移植
1. ディップルート

保水剤(80~100メッシュ)と細かい土(根を浸すときに移植苗の根系に一定量の土があれば細かい土を加える必要はありません)を1:5~10の割合で使用し、大きな非金属製容器に入れます。

保水剤に水を吸収するのに十分な時間を持たせるために、根を浸す6〜20時間前に約100~150回の水(根付き粉を同時に添加することができます)を加え、混合してゲルを形成し、その後、植林のために苗の根を浸すために使用することができます。

苗を根に浸すと、単一または複数の植物であり、せいぜい50以下の植物である。 苗の根が完全に浸漬されたゲルまたはコロイド泥に完全に浸漬されていることを確認する必要があります。

2. 苗カッティング苗を上げる:浸漬根+ベースを使用

湿潤塗布方法:苗床のマトリックス土をマトリックス土の総質量の1/5~3/5を占めるゲル剤と混合した後、よく混ぜ、苗床を平準化し、それを細かい土壌の層で覆います。 根に枝の根を浸し、苗ベッドでカットし、定期的に水をやります。

乾燥した適用方法:シード床の平方メートルあたり5〜15gの乾燥した保水剤を混合した後、シードベッドを平準化する必要があります。 その後、細かい土の層でそれをカバーし、枝の根を浸し、苗のベッドにカットし、すぐにそれらを水にします。

3. 苗栽培

細胞構築法:1/5~3 /ダイクストランド剤を培地に混合し、均一に混合して袋に入れ、ルーチンに従って水を注ぐと、苗を植え、芽を出し、移植することができます。

乾式施用方法:培地品質の全質量の0.1%~0.3%を培地品質に混合し、保水剤の乾燥物を均一に混合し、袋詰めし、すぐに水に注ぎ、種子を植え、芽を出し、移植し、苗を育てることができます。

4. 植栽ベース

湿潤塗布方法:ゲルを掘り出し穴に塗布し、穴の底にある細かい土とよく混ぜてから根付いた苗に移り、土を凹状に覆い(雨水を集めるため)、すぐに水を一度根付けます。

乾燥した塗布方法:乾燥した製品を直接掘られた穴に振りかけ、穴の底にある細かい土とよく混ぜてから根付いた苗木に移り、土を凹状に覆い(水を集めるため)、すぐに十分な水を注ぎます。

B . 成木の使用

1. バンド状のファーロウは、地形と植物列の間隔に応じて適用され、適切な植物間隔または行間隔を選択し、キャノピードリップライン(作物の根が成長するジオセラピー)は、植物根分布層に40cm幅および深さ40cmのトレンチを掘り下げる。

応募方法

湿式適用方法:掘った溝にゲルを塗り、1:5の比率で溝内の細かい土とよく混ぜ、土(踏まない)を凹型に覆い(雨水を集めるため)、ルーチンに従って一度水をまきます。

乾燥した塗布方法:乾燥した製品を直接掘ったトレンチに振りかけ、1:1000の比率に応じてトレンチの細かい土と混ぜ、土を凹状に覆い(水を集めるため)、すぐに水を注ぎます。

2. 植物の片側または両側にストリップ溝を適用して、クラウンドリップライン(作物の根が成長する場所)に沿って長さ60em、幅40cm、深さ60cmの溝を掘ります。

この適用方法は、バンド状のファーロウ用途と同じであり、湿潤塗布法及び乾式適用方法を用いることができる。

3. 保水剤と肥料を一緒に適用する場合、次の3つのアプリケーション方法があります。

(1)驚異的な方法。 この方法は、化学肥料が保水剤の吸水効果や保水効果に及ぼす影響を回避できると同時に、植物が肥料の栄養素を吸収できるだけでなく、保水剤によって放出される水も吸収できることを考慮に入れます。

スロット溝方法1:他の上に保水剤と肥料で2つの植物の真ん中を捨てます。

驚異的な方法2:植物の片側に保水剤を塗布し、他方の側に肥料を適用します。

(2)保水剤と肥料を同じ溝に塗布し、その保水機能に注意を払う際には、肥料の上部に保水剤の塗布方法を使用することができる。

(3)保水剤と肥料を同じ溝に塗布し、肥料保持機能に注意を払う際には、保水剤の上部に肥料の適用方法を使用することができる。

注:溝の深さは、一般的に40cm以上であり、保水剤は微生物によって分解され、微生物は地面に向かってより活発であり、保水剤の分解速度を加速させる。 薬剤が深く埋もれ、植物の根が深く、そして木の根系が強く、より発達するほど、効果は良くなります。

保水の効果に注意を払う場合は、湿潤適用方法を使用してください。肥料の保持の効果を考慮する場合は、乾燥した適用方法を使用してください。

C。 保水剤の投与量

1. 根の浸漬:80~100メッシュの保水剤を使用して根を浸します。 苗根系の大きさに応じて、乾燥した保水剤の1kgあたり約500~2000本の苗を処理する。

2. 苗の切断のナーサリ:植物の大きさおよび切断密度に従って、5~15g/㎡の保水剤乾燥物及び1~3kg/㎡ゲル化剤を塗布する。

3. 培養袋中の苗の栽培:一般に、乾燥した保水剤の量は、培養袋のマトリックス土の0.1%であり、ゲル化剤は培養袋のマトリックス土の約1/5である。

4. 植栽ベースのアプリケーション:乾燥した製品の保水剤の量は、一般的に植林木穴の乾燥土壌の0.1%です。 実験によると、2〜3歳の樹齢の樹齢の樹木の苗を使用する場合、木の穴の大きさは30cmx30cmx30cmであり、保水剤の量は木あたり30gである。1年から2年の広葉樹苗を使用する場合、木の穴の大きさは40cmx40cmx40cmであり、保水剤の量はそれぞれ75gである。2年の経済林苗は、50cmx50cmx50cmの植林穴を使用して、保水剤の量は、植物当たり150gである。

5.大人の木

胸の高さ(cm)の直径 使用量 (g)
苗木 2-3 8-15
苗木 3-5 15-30
ツリー 5-8日 30-50
ツリー 8-12 50-80
ツリー 12-16 80-120
ツリー 16-20 120-200
ツリー 20-25 200-300
ツリー > 25 300年

各種果樹(柑橘類、りんご、梨、桃、ジューベ、クルミ、栗、バナナベイベリー、ライチ、マンゴーなど)

1. 種子コーティング
ウェットミックスコーティング:ゲル(80-100メッシュの保水乾燥製品で作られた)、ゲル状の保水剤に種子を混ぜます。 よくかき混ぜて、1~8時間乾燥したり積み重ねたりするために部屋に広げます。 種子とコーティングの層の間に接着がない場合(キビや他の種子のような小さな粒は軽く散在または細かい土壌と混合する必要があります)播種後。 保水剤、種子、水の比率は1:500:200です。

乾式混合コーティング:最初に種子を少なくとも3時間水に浸し、種子の表皮が湿るまで取り出して乾燥させ、種子、保水剤、種子の間に付着がないときに均一に広げます1:1000の比率。 種の表面に均一に保水剤(80~100メッシュ)を振りかけ、振動や擦りなどを繰り返した後、種の表面にコーティングを形成し、播種する。

流体播種:適切な量の保水剤と水は、1:300の比率でヒドロゲルに作られ、種子と均等に混合され、特別な流体シーダーを通して土壌に播種されます。

2. 苗の保育園
湿潤塗布方法:播種土リッジ(境界)では、植栽層の土が植栽層ゲルの総質量の1/5(乾燥物5~8g/㎡、土壌層の約0%、約1%)と微小な土壌を混合した後、種をまき、保水剤なしで純土で表面を覆います。

ドライ塗布方法:苗を上げる土壌の土根(境界)上のめっき層の総質量の0.1%を占める乾燥製品(5~8g/㎡)を混合し、混合して播種し、表面を覆う純粋な土壌を使用します。 均一性を確保するために、剤と微細な土は広がる前に1:30の比率で拡大および混合することができる。

3. 作物の栽培

湿式施用方法:土壌尾根(境界)の有効植栽面積に基づいて、400~1000kg / μゲル(乾燥製品2~5kg)を使用し、植栽溝に均等に塗布し、穴の土壌と均一に混合し、植え付け後の土壌を覆いますこの薬剤を覆います。

乾燥した適用方法:土壌リッジ(境界)の有効な植栽領域に基づいて、2〜5kg/mu乾燥製品を使用し、植栽溝に均等に適用し、均一に穴土と混合し、植え付け後に薬剤をカバーする。

4. トップドレス作物
湿潤塗布方法:植物の主茎から5〜20cmの距離で平行溝(深さ410cmから根分布層まで)を掘り、均等に400-1000kgのゲル化剤(1,000ピン2〜5kg)を溝に広げ(ミュー土壌を拡張することができます) 緩いプロットは、同じ投与量で肥料ドレッシングガンを持つ複数のポイントで適用することができます。

ドライ塗布方法:植物列の主茎から5〜20cmの距離で平行溝(深さ10cmから根分布層まで)を掘り、2~5kgの乾燥製品(ミックスによって拡大することができる)をエーカーに応じて溝に均等に広げ、覆った後に土を均等に混ぜます。 そして、すぐに水を注ぎます。

5. 食用菌類

(1)食用菌培養材料を調製し、通常どおり、乾燥培養材料を約50%添加し、浸漬した保水剤ヒドロゲルを添加し、均一に混合します栽培材料の性質に応じて決定され、使用量は通常、栽培材料の0.1〜0.6%(乾燥材料)です。

(2)吸水剤吸収剤を用いた栽培材料は、積層発酵処理を施し、殺菌栽培または直接栽培のために袋詰めするのが最善である。 滅菌処理、常圧、高圧を使用できる場合、滅菌時間と冷却時間を若干長くすることができ、他の切断リンクの管理方法は従来のものと同じである。

(3)吸水剤吸水剤は、水を保持し、上の土壌層に水分を保持するために使用することができ、水の補充量を減少させるだけでなく、培養材料の透過性にも影響しません。 . 土壌を覆う10%Eの量に応じて吸水剤を加えます。

(4)水分を繰り返し吸収・放出する保水剤の特性を利用して、培養後の桃の廃棄物を再び排出して水を吸収し、発酵後の栽培のためにリサイクルすることができる。


都市緑化花や植物の使い方(園芸タイプを使用)

根浸漬:浸漬後のゲル(80-100メッシュの保水乾燥製品で作られた)と根に花の苗を置きます。

1. 鉢植え:ゲル剤の1部を使用して土壌2~5部(作物に必要な水量に依存する量)を混合し、土壌とよく混ぜ、まず鉢の底に小さな部分を取り付け、植え付け後、70%に設置し、表面を2cm以上の純土で覆います。

2. カルチャーバッグや植木鉢のトップドレッシング

(1) パンチング方法: 植物根の周りに穴を開けて、植物の根が濃縮される深さまで。 保水剤と細かい土を1:10の比率で混ぜ、穴に埋めます。 薄い土の層でそれを覆い、水を注ぎます。

(2) 溝の方法: 植物の大きさに応じて距離と深さを決定します。 植物の根元に植物の周りにリング状の小さな溝を作成するために庭のツールを使用することが適切です。 保水剤のドライワインを溝に混ぜ、掘削された基板の3分の2と混ぜ合わせ、残りの基板を覆って水を注いで溝に埋め戻します。

(3)ゲルは、肥料ドレッシングガンを用いて複数点に適用することができ、投薬量は200~1000g/袋(ポット)である。

3.アーバー&低木ベースの使用

湿式施用方法:緑帯面積に応じて0.5~1kg/mrゲル剤(乾燥品2.205g/m)を使用し、まず根土と混合し、次に植え付け、苗表面を植え、法律により水で覆う。

乾燥した塗布方法:梅雨の季節には、植物の大きさに応じて、乾燥物の穴当たり2~50gを直接ふりかける必要はない。

4.木や低木のトップドレッシング

ぬれたアプリケーション:花の茂みは、トランクから10〜30センチメートルの距離でルート分布層に20cm以上の幅で溝を掘ります。 グリーンベルトの面積に応じて、0.5~1kg/mゲル剤を使用し、掘削土の約3分の1を混合して均等に塗布し、残りの土壌を覆い、雨水を集める凹状を形成する。 樹木はキャノピーの天蓋内の根の分布層に20cm以上の深さの3-6ピットを掘り、各植物は平均0.5〜5kgのゲル化剤(乾燥製品2.5〜25g)で塗布され、土壌で覆われて覆われます。 緩いプロットの場合は、肥料トッピングガンを使用して、同じ投与量で複数のポイントでゲルを適用します。

ドライアプリケーション方法:花の低木は、緑の帯面積に応じて2.5〜5g/mtの保水乾燥製品を使用して、20cm以上の幅と深さの幹-a溝から10〜30cmの距離で掘られ、左右の土壌を均等に混合して均等に適用します。 その後、残りの土壌を覆い、凹状にし、すぐに水を注ぎます。木はクラウンドリップライン内の根の分布層に20cm以上の幅で3〜6ピットを掘ります。 各植物は、乾燥した製品の平均2.5〜25gで適用され、掘り出された土壌の約3分の1と混合し、均等に適用し、残りの土壌で覆われ、凹状に形成され、すぐに水を注ぎます。

5.木の長距離移植:浸漬根+ベースを使用

根浸漬:ゲル(80-100メッシュ保水剤乾燥製品で作られた)を使用し、厚いスラリーを作るために湿気土壌と根付け剤の適切な量を追加します。 スラリーを根元に浸し、フィルムで包みます。 98%以上の生存率を確保してください。

ベースの使用

湿潤塗布方法:植える場合は、ピットに5~100kgのゲル(25~500g)を塗布し、根に浸した木に移動し、土壌を覆い、定期的に水をまきます。 この方法は、道路、鉄道、不動産に植える季節の木の植え付けに非常に効果的です。

乾燥した適用方法:植える場合、25〜500gの保水剤乾燥物がピットに塗布され、根ざした木が覆われ、土壌で覆われ、すぐに水をまきます。 この方法では、保水剤が適用され、土壌を混合しながら保水剤を添加すると保水効果が高くなります。

6. 草の根の新しい植栽

湿式施用方法:1~1.6kg/m'に従って、ゲル(ドライクリスタル5~8g/m)を同量の細かい土と混ぜ、平地に均等に広げ、純粋な土で覆って芝を移植することができる。

乾燥した適用方法:雨季または湿式プロットでは、それは直接Qianpin 5〜8g / mに適用することができ、芝は純粋な土壌の少しカバー後に埋め込むことができます。最初の時間はすぐに水を与える必要があります。

7. 既存の芝生のトップドレッシング

まず、複数の歯の釘で芝生を突いて、より均一な小さな穴を突いてから、5~8g / m'保水剤の乾燥製品に従って均等に広げます(混合土壌の10〜30倍に拡張できます)。 スプレーした後、水をスプレーするために少し圧力を使用すると、小さな穴に薬剤の顆粒を洗い流し、最初の1〜2日間十分な水を洗い流します。


「緩放性肥料」「保湿肥料」を作るために保水剤を加える

1. 「徐放性肥料」、「保湿肥料」:尿素、オーキシン、根剤(強酸とアルカリ性製品は混合できない)などのいくつかの水溶性肥料を水に溶かし、その溶液をこの薬剤に吸収して肥料にします肥料が失われないように薬物徐放剤、およびバランスの取れた給水の3つの効果、 施肥と投与が達成され、肥料の有効性が大幅に向上し、肥料の量が節約されます。

2. 細菌肥料の促進剤:緑の食品は、生物学的肥料を使用し、生物細菌肥料は、細菌の活性化と再生を促進するために土壌水分を必要とします。 生体細菌肥料とのこの薬剤の混合とアプリケーションは、互いに補完し、最良の一致であり、肥料を節約し、効率を高めることができます。


使い方 – 主要作物

1.様々な果樹(柑橘類、リンゴ、ナシ、モモ、ナツメ、クルミ、クリ、バナナヤマモモ、ライチ、マンゴーなど)

(1)根の浸漬:ゲルに適量の腐植土を加えて(発根剤を加えることができます)、スラリーを作り、移植する苗の根を調整した果肉で覆います。移植苗の根系の大きさに応じて、植物体乾燥物0.2~0.5gを使用する。

(2)苗刈り苗:

投与量:乾燥品5~15g/m²、根+塩基に浸す

ベース使用:

湿式施用方法:苗床のマトリックス土壌をゲル化剤と混合し、均一に混合し、苗床を水平にし、細かい土壌の薄層で覆い、枝の根元を根に浸し、次にそれをベッドに切り込みます。

乾式施用方法:苗床のマトリックス土壌に保水剤乾燥物を混合して均一に混合した後、苗床を平らにし、次にそれを正味の薄い細かい土壌の層で覆い、枝の根元を根に浸してから苗床に切り込み、すぐに水をまきます。

(3)果樹の移植:

投与量:乾燥品10~50g/植物、用途方法:根+ベース用途を浸す。

基本アプリケーション

湿式適用方法:ゲルを溝または穴に塗布し、穴の土壌とよく混ぜてから、発根した苗に移動し、土壌を凹型に覆い(雨水を集めるため)、可能であればすぐにもう一度水をまきます。

乾燥した塗布方法:乾燥した製品を直接溝や穴に振りかけ、穴の土と完全に混ぜ合わせ、根ざした苗に移動し、土壌を凹状に覆い(水を集めるため)、すぐに水を入れます。 2つの基本的なアプリケーション方法(ウェットアプリケーション方法が最善)とディッピング根を一緒に使用する必要があります。 梅雨の時期に果樹を移植しない場合は、塗布後に根水を注ぎ、土壌を水を集めるために凹状に埋め込む必要があります。

(4)若い果樹のトップドレッシング:

投与量:乾燥SAP 10〜40g/植物、

塗布時間:乾式塗布方法は、梅雨の5~10日前(乾季の梅雨時の吸水と水の放出)を採用しています。

適用方法:多年生植物の適用方法と同じである。

5)果樹のトップドレッシングのための操作に入れ:千製品の30〜100g/植物、アプリケーション方法:ストリップアプリケーションまたは穴のアプリケーション。

応募時間:

(1)乾式施用法は、梅雨の5〜10日前に採用されます(雨季の吸水率と乾季の放水)。

(2)開花の20日前に塗布する。

(3)冬季(摘果前後)または春に施肥する場合

施用方法:多年生植物の施用方法と同じです。

2. 茶

(1)播種:

投与量:ミューあたり0.7〜1 kgの乾燥製品;従来の播種方法に従って、ゲル化剤と種子の液体を土壌層に同時に塗布し、砂または細かい土壌を加えて覆い、播種ラインのわらをまばらに覆いますおよびその他の作物廃棄物。

(2)根浸漬:μに0.5kgゲル(ドライクリスタル2.5g)を使用し、適切な量の生理的土壌(追加の根付き剤を添加可能)を加えてスラリーにし、苗または挿し木を浸して移植する。

(3)苗の切断

湿潤塗布方法:ナーサリベッドを仕上げる場合は、1平方メートル(1000~25g)あたり2~5kgのゲルを混合し、保育床をレベルし、薄い層の細い土壌で覆います。 通常の散水後に挿し木を行う。

ドライ塗布方法:まず、1:10〜30の比率に応じて何千もの細かい土壌と保水剤を混合し、保育園のベッドを仕上げる際に、1平方メートルあたり10〜25gの乾燥製品と混合した細かい土壌を振りかけ(有機肥料と組み合わせることができます)、苗床を平準化し、細かい土壌の薄い層で覆いますは、従来の散水後に苗を切断するために使用することができます。

(4) 茶の植え付け:

投与量:2~4kg乾燥物当たり2~4kgの乾燥品を使用し、塗布方法は、根+ベースアプリケーションを浸漬する。

基本アプリケーション

湿式適用方法:ゲル化剤を溝または穴に塗布した後、溝の土壌またはLiushiとよく混合し、浸した根の苗木に移動し、土壌を凹状に覆います(雨水を集めるため)、従来の散水;

乾式施用方法:乾燥製品を溝または穴に直接振りかけて溝の土または穴の土を完全に引っ掛け、次に根の苗に移動し、土を凹状に覆い(水を集めるため)、井戸はすぐに水を貫通します。

(5) 茶園を追いかける

投与量:2〜3kgの乾燥製品(1μ当たり)

使用時間:

(1) 梅雨の5~10日前

(2)冬は、受精または春の受精(可能であれば湿った適用が可能な場合に使用することができます)塗布後の時間に散水です。

(3)茶葉は、年に一度適用することができる胞子の発芽の10〜20日前に適用されるべきである。

アプリケーション方法:ファーロウアプリケーションまたは穴のアプリケーションは、ティーツリーのキャノピーの垂れ下がりラインでルート分布層に毛皮を伸ばす方が良いです。それは多年生植物のトップドレッシングの適用方法と同じである。

(6)茶園の運営開始:

投与量:ムーあたり4-6キロ

施用方法:多年生植物の施用方法と同じです。

3. クワ

(1)桑の木を植え、1ミューあたり2~4kgの乾燥品を使用する。 この方法は、茶の植え付けの方法と同じです。

(2)桑園の適用は、3~5kgの乾燥物当たり、茶園の適用方法と同じである。

4. ブドウ

投与量:ミューあたり2~3kgの乾燥製品、

適用方法は以下の通りです。

(1)根の浸漬:ブドウを移植したり、苗を切るときは、ミューあたり80〜100メッシュ(乾燥製品2.5g)に調製したゲル0.5kgを使用し、適量の腐植土を加えてスラリーを作り、ブドウの苗を 土壌のその部分をゲルで均一に覆われるように入れます。

(2)養育用の苗木:まず、基質の総質量の1/5を占めるゲル化剤を袋詰めされていない栄養袋マトリックスに混ぜ、マトリックス土と均等に混合する。 ブドウの苗。

(3)植栽と植民地化:適用方法:浸した根+ベース適用、栄養ボウル苗ベース適用:

湿式施用方法:ゲルを溝または穴に塗布し、穴の土とよく混ぜてから、浸した根ブドウの苗に移動します(栄養バッグの苗が直接移動します)。 土を凹状に覆い(雨水を集めるため)、日常的に一度水を流します。

乾燥した塗布方法:乾燥した製品を直接溝や穴に振りかけ、穴の土と完全に混ぜ合わせ、浸した根ブドウ苗(栄養袋苗が直接移動する)に移動します。 土を凹状に覆い(水を集めるため)、すぐに水を注ぎます。

基本アプリケーション(ウェットアプリケーションが最善)とルートディッピングの2つの方法を一緒に使用する必要があります。 梅雨の時期にブドウを切らない場合は、塗布後に根水を注ぐ必要があり、土壌を水を集めるために凹状に埋め込む必要があります。

(4)大人のブドウ園のトップドレッシング:異なる適用時間:

(1)9月から10月にかけて、ブドウが収穫された後、根から30〜80 cmの距離で、幅30〜40 cm、根の分布層まで深さ30〜80 cmの溝を掘ります。

(2)雨の10〜20日前に適用し、方法は上記と同じです。

(3)開花の20日前に塗布し、方法は上記と同様である。

適用方法:多年生植物の適用方法と同じである。

5. 砂糖黍

投与量:ミューあたり3~5kgの乾燥製品。

アプリケーションのモード:木市。 具体的な方法は次のとおりです。

ディッピングルーツ:

サトウキビを植えるときは、ミューあたり100kgのゲル(0.5kgの乾燥製品)を使用し、適量の腐植土を加えてスラリーを作ります。 播種するときは、サトウキビの苗を入れて包み、まく。

(1)種まき

湿式塗布方法:開いたサトウキビ溝にゲル化剤を振りかけ、下層土と均一に混ぜます。 ベース肥料は、保水剤と層に適用することができます。 1~2kgのゲル(乾燥結晶5~10g)を1メートルの溝に入れ、最後に植え、土で覆い、従来の散水で覆います。

ドライ塗布方法:まず乾燥製品と乾燥した細かい土を1:2~10の比率で混ぜ、開いたカイン溝に均等に振りかけ、底の土と均等に混ぜます。 ベース肥料は、保水剤と層に適用することができます。 長さ1メートルの溝に5~10gの乾燥製品を使用し、最後に植え、土で覆い、すぐにカバーに水を注ぎます。

(2)サトウキビ

湿式塗布方法:従来の管理によると、尾根は従来のものより10~20cm深くなっています。 受精前に、層状の方法が使用されます:まず、溝の底に保水剤ゲルを適用し、溝の土壌と混合し、薄い層を覆い、土壌を覆い、定期的な散水後にフィルムを覆います。 肥料を塗布し、海の細かい土壌の層を加え、保水剤ゲルを塗布し、細かい土壌を加えてよく混ぜ合わせ、土壌を覆い、従来の散水後にフィルムを覆うこともできます。

ドライ塗布方法:従来の管理によれば、オープンパインは従来のものより10~20em深い。 層状法を用いて、受精前に、保水剤の乾燥物を10〜30回の乾燥微細加工と混合し、溝に均等に塗布することができる。 底部には、網の細い土壌の薄い層で覆い、その後、受精し、土壌を覆い、すぐに水を入れた後、膜をカバーします。 また、最初に受精し、細い土壌の薄い層で覆われ、次いで保水剤と混合した薄い層に塗布し、覆われ、井戸はすぐに水で満たされ、フィルムで覆われる。

保水剤は、土壌中の1つの作物に使用されます。 したがって、播種時に適用される保水剤を含むプロットは、翌年に多年生の根のサネとして予約されている場合、適切に再適用する必要があります。

6. 小麦、大麦、その他の小麦

投与量: ドライクリスタル 3 ~ Skg / mu

具体的な応募方法は以下の通りです。

種子粉衣:小麦を播種するときは、0.1kgの保水剤乾燥製品(80〜100メッシュ)乾燥製品を1:10〜30の比率で使用して、水をゲルに吸収し、小麦の種子を加え、よくかき混ぜ、保水剤を待ちます小麦の種子に浸し、日陰で乾燥させた後に播種します。

ベースアプリケーション:

湿潤適用方法:均等に播種溝にゲル化剤を適用し、溝の土壌でよく混合し、植栽溝に種をまき、通常の散水に応じて土壌をカバーし、フィルムをカバーします。

乾燥した塗布方法:乾燥する保水剤は、10〜30倍の細かい土壌と混ぜ、播種溝に均等に塗布し、溝の土と混ぜ、その後、植栽溝に種をまき、すぐに土壌を水で覆い、フィルムを覆います。 機械が播種している場合、保水剤は、まず土壌と混合し、次に基礎肥料と一緒に畑に振りかけ、すぐに水をまくことができます。

7. 玉蜀黍

投与量:ミューあたり3~5kgの乾燥製品。

具体的な応募方法は以下の通りです。

種子粉衣:トウモロコシを播種するときは、150~200gの保水剤を使用してください1000製品(80~100メッシュ)1000製品の比率で1:10~30の比率でゲルを水に吸収し、次にトウモロコシの種子を入れてよくかき混ぜ、保水剤を待ちますトウモロコシを植え、日陰で乾燥させた後に播種します。

ベースアプリケーション:基本的なアプリケーション方法:小麦と大麦の基本的な適用方法と同じ。

8. 各種豆

投与量:ミューあたり3~5kgの乾燥製品。

具体的なアプリケーション方法は次のとおりです。

シードドレッシング:

豆を播種する場合は、1:10~30の割合で1000製品あたり0.5kgの保水剤乾燥物(80~100ヶ月)を使用してゲルに水を吸収し、豆類の種を入れ、大豆に浸漬し、過焼後に乾燥させます。

基本アプリケーション:

基本的な適用方法:小麦と大麦の基本的な適用方法と同じ。

9. スイカ、メロン、その他のメロン

投与量:ミューあたり3~5kgの乾燥製品。

施用方法:養土壌苗床+ベース施用

栄養土壌苗床

湿式施用方法:ゲル化剤と基材の重量を1:3/5~1の比率で混合し、苗床を水平にし、薄い細かい土の薄層で表面を覆い、十分な水を注いだ後に播種します。

乾燥した塗布方法:基材の重量に応じて、0.3~0.5%の保水乾燥物(5~8g/m')を基材の土と混合し、均一に混合する。 十分な水の後にまく。

基本アプリケーション:

基本的な適用方法:小麦と大麦の基本的な適用方法と同じ。

10. 菜

投与量:ミューあたり1.5〜6 kgの乾燥製品、適用方法は、基本アプリケーション、トップアプリケーション、および浸漬ルートです。

基本アプリケーション:

(1)栄養土壌苗床:スイカ、メロン、その他のメロン栄養苗床と同じです。

(2)直接播種

湿式施用方法:1~2kg/m²(乾燥品5~10g/m²)に従ってゲル化剤を表面に振りかけ、表土と均一に混ぜ、土を平らにし、正味の薄い土の薄層で覆い、従来の散水、播種。

乾燥した塗布方法:乾燥した製品を1:10~30の乾燥した細かい土と混ぜ、地面に均等に広げます。 細くて薄い土の薄い層でそれを覆い、水を注ぎ、まきます。 保水剤の量は5~10g/㎡である。

(3)根浸漬:野菜を移植するときは、1μあたり0.5kgゲル(乾燥製品2.5g)を使用し、スラリーを作るために適切な量の腐植土を加えます。 野菜の根を入れて、根をゲルで均等に覆います。

(4)ベースアプリケーション

湿った適用方法:ゲルを溝に均等に塗布し、溝の土とよく混ぜます。 その後、苗を移植し、凹状の形に土壌をカバーし、根水。

乾燥した塗布方法:乾燥した製品を1:10~30の比率で細かい土と混ぜ、掘られた播種溝に均等に塗布します。 その後、苗を移植し、凹状の形に土壌をカバーし、すぐに水を注ぎます。

(5)追加のアプリケーション

ウェットアプリケーション方法:作物の根分布層に10cmより深い行間の溝。 ゲルを溝に均等に塗布し、溝の底の土壌とよく混ぜます。 従来の散水で土を覆います。

乾燥した適用方法:作物の根系の分布範囲に行と深さの間に溝。 乾燥した細かい土と1:10~30の比率で乾燥した製品を混ぜ、均一に混ぜます。 その後、掘られた溝にそれを均等に適用します。その後、苗を移植し、凹状の形に土壌をカバーし、すぐに水を注ぎます。

11. ジャガイモ、サツマイモ、山芋などの地下塊茎

適量: ミューごとの2~4kgの乾燥プロダクト

応募方法

基本アプリケーション:

湿式施用方法:従来の植栽方法に従って土層と溝を深くほぐし、1メートルあたり約1kgのゲル(乾物5g)を塗布します。 発掘された溝に振りかけ、溝の底にある細かい土と混ぜて、ベース肥料を塗布し、種のジャガイモやジャガイモの苗を植え、細かい土壌、水で覆い、最後にフィルムを覆います。

乾燥した適用方法:従来の植栽方法によれば、緩い土壌層と溝を深く回し、1メートル当たり乾燥した製品の約5gの保水剤を塗布する。 発掘された溝に振りかけ、溝の底にある細かい土と混ぜます。 次に、ベース肥料を適用し、その後、種子ジャガイモやジャガイモの苗を植え、細かい土壌で覆い、通常の方法で十分な水を注ぎ、最終的にフィルムをカバーします。

12. タバコの葉

投与量:1ミューあたり1~3kgの乾燥物(1植物あたり約1g)

(1)養分土壌苗床(浮遊苗床はこの方法を使用していません)。

苗の保育園:

湿潤塗布方法:ゲルは1.5~2.5kg/㎡(乾燥物8~12g/㎡)

種土に均等に振りかけ、表土と混ぜて、定期的な散水後に植えます。

乾燥した塗布方法:乾燥した製品を平均8〜12g/㎡の種子に広げ、土壌の最上層と混ぜて水に浸し、植えます。

栄養バッグの保育園:

湿潤塗布方法:ゲル(バイオ肥料)と栄養土壌の3〜5倍をかき混ぜ、苗を袋に入れます。

ドライ塗布方法:栄養土壌の総重量の0.1%と栄養土壌を混合し、均等に混合し、苗を上げるために袋に水を注ぎます。

タバコの苗の移植:

湿式施用方法:ゲル化剤を穴に均一に塗布し、穴の底の土と混合して均一に混合し(底の肥料は層状に施用できます)、タバコの苗に移動し、土で覆い、根の水を注ぐ後にフィルムで覆います。

乾式施用方法:乾燥製品を穴に均等に施用し、土壌と混合し(ベース肥料は層状に施用できます)、次にタバコの苗に移し、土壌で覆い、水で覆い、フィルムで覆います。

(2) フローティング苗移植:

ディッピングルート:

タバコの苗を移植する場合は、1μ当たり0.5kgゲル(乾燥物2.5g)を使用し、スラリーを作るために適切な量の腐植を加え、タバコの苗の根を入れて、根を保水剤と均等に浸します。 接着し、その後、穴に入ります。

基本アプリケーション:

湿式施用方法:ゲル化剤を穴に均一に塗布し、穴の土と混合し(ベース肥料は層状に施用できます)、タバコの苗を移し、土で覆い、従来の散水および被覆フィルム。

乾燥した塗布方法:均等に穴に乾燥製品を適用し、穴の土壌と混合し(それは層状の肥料に適用することができます)、その後、根に浸したタバコの苗を移動し、土壌をカバーし、水で覆います。

13. レイプ

用法用量:ミューあたり2〜5 kgの保水性乾燥製品。 アプリケーションメソッド:ディッピングルート+ベースアプリケーション。 具体的な応募方法は以下の通りです。

ディッピングルーツ:

菜種を移植するときは、保水剤のゲル化剤0.5kg(乾燥品2.5g)を使用し、適量の腐植土を加えてスラリーにし、その中に菜の花の根を入れ、保水剤のゲル化剤に根を均一に浸します。

基本アプリケーション:

湿式施用方法:ゲル化剤を掘った穴に均等に塗布し、土壌とよく混ぜ合わせ(ベース肥料に重ねることができます)、根付いた菜種を移植し、土壌を覆い、従来は根の水を注ぎます。

乾式施用方法:乾いた製品を掘った穴に均等に入れ、土とよく混ぜ(ベース肥料に重ねることができます)、根付いた菜種を植え、土を覆い、すぐに水を注ぎます。

14. 綿

投与量:ムーあたり2〜6 kgの乾燥製品

種子ドレッシング:

ミューあたり0.5k&保水剤乾燥物を使用する(80~100日、水で1:10~30回ゲル化剤を形成し、種子を入れてよく混ぜた後、日陰で乾燥させて播種する。

ベースアプリケーション:

湿潤塗布方法:ゲル化剤を掘られた穴に均等に塗布し(ベース肥料の層に塗布することができます)、土壌とよく混ぜます。 その後、種子ドレッシングのための種をまき、土壌で覆い、根水を注いだ後、フィルムで覆います。

乾燥した塗布方法:乾燥した製品は、掘削穴に均等に適用され(それは、ベース肥料に重ねることができます)と洞窟とよく混合します。 その後、混合種子をまき、土壌でそれらをカバーし、すぐに水でそれらをカバーします。

15. 落花生

投与量:ミューあたり2〜5kgの乾燥製品、適用方法:基本的な適用

湿式施用方法:溝や穴を掘るときは、従来の溝よりも10~20cm深く、まず溝の底にベース肥料を塗り、細かい土の薄層で覆い、保水剤ゲルを塗布し、細かい土を加えてよく混ぜてから、土を覆い、ピーナッツの種に水をやることができます。 保水剤は溝の底に塗布し、下土と混合し、細かい土壌の薄い層で覆われ、肥料で塗布し、ピーナッツシードで覆ってピーナッツをまくことも可能です。

ドライアプリケーション方法:まず、1:10〜30の比で何千もの細かい土壌で保水剤の乾燥製品を混合し、従来の溝よりも10〜20cm深い溝または穴を開け、溝の底にベース肥料を適用し、細い土壌のために薄い層でそれを覆い、保水剤と混合した細かい土壌を適用します。、土壌を覆い、ピーナッツの種をまき、すぐに水を注ぎます。 また、溝の底に保水剤と混合した細かい土壌を適用し、細かい土壌の薄い層で覆い、肥料を適用し、土壌を覆い、ピーナッツの種をまき、すぐに水を注ぎます。

16. 玉ねぎ、生姜、にんにく

適量: ミューごとの3~5kgの乾燥プロダクト

応募方法:

基本アプリケーション:

湿式施用方法:ゲル化剤を溝に均一に塗布し、溝の土壌と混合し(底の肥料に層状に施用できます)、土壌の層で覆い、播種し、土壌で覆い、水をやります。

乾式施用方法:保水剤を溝に均等に塗布し、土壌とよく混ぜ(ベース肥料に重ねることができます)、土壌の層で覆います:播種し、土壌を凹状に覆い、すぐに水を注ぎます。

17. 米:苗を育てるため、または砂時計畑や水が不足している場所で使用されます

(1)緑の苗:10g /m²の乾燥製品を適用し、苗床に保水剤ゲルを広げ、表土と混合して播種します。

(2)ベースアプリケーション:

乾式施用方法:保水剤を溝に均等に塗布し、土壌とよく混ぜ(ベース肥料に重ねることができます)、土壌の層で覆います:播種し、土壌を凹状に覆い、すぐに水を注ぐ..。

適用方法:畑をかき集めながら土壌に保水剤を塗布し、ベース肥料を振りかけます

今すぐ購入

    電話 / WhatsApp:

    興味がある:

    メッセージ:

    次のものを選択してください

    Copyright © 2023 ポリアクリル酸ナトリウム - Manufacturers.Best | サイトマップ
    chevron-down